exhibition

Saki Matsumura

松村 咲希

"CIRCLE"

2022.5.28 sat - 6.11 sat

13:00〜18:00(金土19時まで)

この度弊廊では2回目となる松村咲希による個展を開催します。
今展では絵画空間のなかに、奇妙に浮遊するようにある二次元的な円を描いた作品群、またそこに至るまでの張り付けられた円あるいは円形キャンバス作品などを展観いたします。

コロナ禍のstay homeで、ふと"円"を描くことに興味が湧いてきたという松村。
"円"は外部からのストレス耐性の強い形といわれ、コロナ禍の中での心境の変化とも言えるのかもしれない。
松村が愛読する、エクスキュル/クリサート著「生物から見た世界」には"環世界は生き物が特有の知覚を通し世界を感じているということ、またそのために周囲の環境や世界というものは本当の意味では客観的には捉えられないということ"とある。
この環世界という概念を円形に込めて、厚みのある円形のキャンバスパネルを使用すると、その周囲からぽこりと浮いた円の存在を深く考えるようになったと松村は語る。
コロナ禍で否応なく改変された私たちの価値観は、シャボン玉のように閉じられた孤独感の中で浮遊しどこへ向かうのか。その行き先を問う私たちに、松村の作品はどう答えるのか。

We are pleased to present the second solo exhibition of Saki Matsumura at our gallery.
In this exhibition, we will present a group of works depicting two-dimensional circles that seem to be strangely floating in the painting space, as well as circles or circular canvases that have been attached to the paintings leading up to the circles.
Matsumura says that she suddenly became interested in painting "circles" while staying home from the Covid-19 pandemic. Circles are said to be a form that is highly resistant to external stress, and it may be said that this is a change in her state of mind during the Covid-19 pandemic.
In the book "Streifzüge durch die Umwelten von Tieren und Menschen: Ein Bilderbuch unsichtbarer Welten" by Uexkull which Matsumura loves to read, it is written that "Umwelt means that living creatures perceive the world through their unique perception, and because of this, the surrounding environment and world cannot be grasped objectively in a real sense.
Matsumura says that this concept of Umwelt was put into the circle, and that the use of the bulky circular canvas panel made her think deeply about the existence of the circle that floated out from its surroundings.
Where are our values, which have been undeniably altered by the Covid-19 pandemic, floating like soap bubbles in a sense of closed solitude, headed? How do Matsumura's works respond to our questioning of where they are headed?

information

2018.7.6(プレスリリース) 7.7/7.8(一般公開) Art Osaka 2018に出展します。


2017.7.7~7.9 ART OSAKA(room No.6297)出展


2017.5.17~5.22 名古屋松坂屋南館1Fオルガン広場にて開催の"THE Edge-現代アートの先端"に出展


弊廊取扱い作家の清水陽子が、オーストリア・リンツでのArs Electronica 2016の招聘作家として
パフォーマンスを行いました。


ART NAGOYA 2016に出展

2016.2.19(プレスリリース) 2.20/21 (一般公開)

出展作家:
仲野真人/ 小澄源太 / 太田祐司


2016.02.03 中日新聞に仲野真人個展が掲載されました。


the art fair +plus-ultra 2015に出展

2015.12.22 - 12.24

出展作家:
鈴木智教 / 仲野真人 / 高橋大地


Art Fair Sapporo 2015に出展

2015.11.21(プレスリリース) 11.22/23 (一般公開)

出展作家:
小澄源太 / 市川友章 / 藤倉翼 / 鈴木智教 / phenomena collection


ART FAIR ASIA / FUKUOKA 2015に出展

2015.9.4(プレスリリース) 9.5/9.6 (一般公開)

開場:ソラリア西鉄ホテル11階
福岡市中央区天神2-2-43


ART NAGOYA 2015  於 ウェスティン名古屋キャッスル

2015.7.31(プレスリリース) 8.1/8.2 (一般公開)

出展作家:
田島大介 / 住田衣里 / phenomena collection/太田祐司 他


new city art fair

2015.3.5 - 3.8 New City Art Fair 2015に出展

出展作家:
鈴木智教 / 前橋瞳 / 田島大介


2014.8.1 - 8.3 ART NAGOYA 2014に出展

出展作家:
杉浦藍(立体)/ 鈴木智教(平面)/ 西井佑助(立体)/ phenomena collection(コンテンポラリージュエリー)
藤掛幸智(ガラス)/ 山内喬博(平面)

antiques

櫓時計(江戸後期)
size:525mm 230mm 215mm

江戸期の櫓時計だが、ボディ部分は鐘を入れても20cmに満たない、小型で大変珍しいもの。


 

キャリッジクロック(19世紀・フランス)
size:140mm 75mm 70mm

全面七宝の施されたボディが大変美しい。
この小ささで、リピータ機構(時報)がついていることが最大の特徴。


 

広東時計(清朝末期)
size:190mm 230mm 220mm

広東時計のこれほど小型のものは初見。
内部機構も大変すばらしく、美しい。


 

詳細はお電話かcontactより
お気軽にお問い合わせください。

買取希望の方はこちら

about

コンセプト、コンテクストをキーワードに、主に若手作家の展覧会企画および作品の展示販売を行っています。プライマリマーケットにおいて本当の意味で心を揺さぶる、溌溂とした感性と同時代性を備えた作品を常に発信しております。また、常設時はコンテポラリーアート作品とはいわば対極にあるといえる、日本および中国のものを中心としたオリエンタルアンティークも取り扱っており、時間と空間を越えたオルタナティブなスペースを目指します。


Concept and Context as a keyword, we deal art works of young artists and hold exhibition planning. We always transmit the artists who are with sensibility that is a lively and contemporaneity, and realy shake our hearts on the primary market.

ACCESS

LAD GALLERY(ラッドギャラリー)

451-0042
名古屋市西区那古野1-14-18
那古野ビル北館121号室

1-14-18 Nagono bld. 121room,
Nagono, Nishi-ku, Nagoya, Aichi

tel 052-485-9013

open 13:00 - 18:00
※金曜・土曜 19:00まで

contact

お名前

フリガナ

メール

お問合せ内容をお書き下さい


 ※未入力箇所がある場合は送信出来ません